キャベツが安いので丸々1玉買えて助かります。
まずは千切りでサラダに。
ただ、生で食べられるのは買ってきてすぐのうちだけですよね。
2日も経ったらもう火を通して食べないといけません。
そうなるといろいろ調理する必要がありますが、そんなにあれこれ凝った料理をするのも面倒。
我が家では、大半をボイルにして添え野菜で食べています。
ポイントは、大きなフライパンに少量の水で蒸すようにボイルします。
塩を少々振りかけると、大きなかさのキャベツもみるみる小さくなっていきます。
あっという間に1玉消費できちゃいますよ。
薄い塩味というシンプルな調理なので、いろいろな主菜の添え野菜としてお口直しに合います。
キャベツはお腹の調子を整える栄養たっぷりな野菜なので、たくさん食べたいですよね。
そんなときはボイルキャベツが一番です。
加熱するとビタミンCは減りますが、食物繊維や他の栄養はそのまま吸収できるから大丈夫!
安い内にたっぷり食べて体の調子を整えたいものです。