Month: 9月 2018

風邪と肺炎の見分け方や効果的な予防法について

風邪と肺炎は、症状が似ていると言われます。
そこで、風邪と肺炎の見分け方や効果的な予防法について調べてみました。

風邪は、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状は見られません。
一般的に感染から1週間程度経過すれば山を越え、症状が軽くなっていきます。

肺炎は、風邪よりも症状が重く、長引くのが特徴です。
高齢者が肺炎になった場合、症状がなかなか現われないことも多いので、発見が遅れることがあるそうです。
1週間以上経過しても激しい咳や高熱などの症状が治まらない場合は、肺炎を含む病気の可能性を疑いましょう。
肺炎は「息苦しく胸が異様に痛い」「意識がもうろうとする」等の症状が起こる場合が多いとされています。

肺炎にかかりやすいのは、免疫機能が未熟な「5歳未満の子供」と「65歳以上の高齢者」です。
また、慢性呼吸器疾患や心疾患・腎不全・糖尿病などの持病のある方、アルコール依存症の経験者、喫煙を好む方、ステロイド剤や免疫抑制剤の服用をしている方も肺炎のリスクが高いとされています。

現在、医療機関において「肺炎球菌ワクチン」の摂取をする予防対策が普及しています。
普段できる肺炎予防対策は、外出時はマスクをし、こまめにうがい手洗いをする習慣をつけることです。
日頃から「栄養バランスの良い食事」、「充分な睡眠」、ウォーキングやランニング、ストレッチなどの「適度な運動」を心掛け、「体力と免疫力を低下させない」という意識を持つことが重要でしょう。イクオス amazon

今日は同じ道を往復2回も行き来してすごく疲れました。

今日は朝からアルプラに行ってお買い物をしました。
結構な量を買ってしまったのですが、ベビーカーで行ったのでなんとかなりました。
それで、昼からは子育て支援施設に行きたくて、また同じ道を行きました。
さらに帰りにアルプラによって買い物をしたのですが、その時はバスに乗って帰るつもりだったので、
抱っこ紐であっても全然いいやと思って沢山買ってしまいました。
でも、結局バスに乗らないことにしました。
持ってみると、意外とこのまま帰れるのではないかなと思って。
あまり日差しも強くなかったので暑くなかったですし、バス代が節約できると思って頑張りました。
息子もぐっすり寝てくれていたので抱っこしやすかったです。
結局バスには乗らなかったので、同じ道を往復しました。
なかなかの荷物と息子の重さで結構大変でしたが、頑張って行ってよかったなと思いました。
沢山買い物ができたので満足です。明日も行く予定でしたが、明日はもういいかなと思い始めました。デリケートゾーン 黒ずみ ケア ランキング